MANGA都市TOKYO
ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020

イラストレーション:吉成曜
©Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
©カラー © Naoko Takeuchi © 武内直子・PNP・東映アニメーション
©秋本治・アトリエびーだま/集英社 ©創通・サンライズTM & © TOHO CO., LTD. ©TOKYO TOWER

展覧会概要

国立新美術館は、2015年開催の「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」(2015年6月24日~8 月31日)を皮切りに、同展をタイ、ミャンマーに国際巡回するなど、日本が誇る独自のカルチャーを世界に発信する取り組みに力を入れてきました。2018年は「ジャポニスム 2018:響きあう魂」の事業の一環として、フランス・パリにて『MANGA⇔TOKYO』展(2018年11月29日~12月30日)を開催し、来場者が3万人を超えるなど現地の人々をはじめ多くの皆様より高い評価を頂きました。このたび、「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」と題しまして、装いも新たに凱旋展示を実施いたします。

会 期 ※会期変更 2020年8月12日(水)~11月3日(火・祝)
毎週火曜日休館
※ただし、9月22日、11月3日は開館(9月23日(水)は休館)
開館時間 10:00~18:00
毎週金・土曜日は21:00まで 当面の間、夜間開館は行いません。
※入場は閉館の30分前まで
会 場 ※会場変更  国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
主 催 文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、国立新美術館
共 催 TBS
後 援 一般社団法人マンガ・アニメ展示促進機構、TBSラジオ、独立行政法人国際交流基金
協 賛 秋田書店、アニプレックス、一般財団法人パピエ、KADOKAWA、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、キングレコード、クリプトン・フューチャー・メディア、コアミックス、講談社、コナミデジタルエンタテインメント、コミックス・ウェーブ・フィルム、コルク、集英社、小学館、SHORT PEACE 製作委員会、スタジオ地図、セガグループ、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、タイトー、東宝、ニトロプラス、白泉社、プロダクション・アイジー、ポリフォニー・デジタル(50 音順)
協 力 石森プロ、NHK エンタープライズ、カラー、キネマ旬報社、コミックマーケット準備会、サンライズ、創通、JR東日本リテールネット、ジェンコ、シンエイ動画、スクウェア・エニックス、東映アニメーション、トムス・エンタテインメント、手塚プロダクション、ナデシコプロ、日本アニメーション、二瓶総合法律事務所、バンダイナムコアーツ、フジテレビジョン、ヘッドギア、ワーナー ブラザース ジャパン、株式会社わたせせいぞう(50 音順)
ゲストキュレーター 森川 嘉一郎(明治大学国際日本学部准教授)

令和2年度日本博主催・共催型プロジェクト

beyond2020プログラム

観覧料(税込)
当日 1,600円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)
前売 1,400円(一般)、1,000円(大学生)、600円(高校生)
<事前予約制(日時指定券)の導入>
混雑緩和のため、本展では事前予約制(日時指定券)を導入します。入場にあたってはすでにチケット等をお持ちの方も含め、 どなた様もオンラインでの「日時指定観覧券」もしくは「日時指定券(無料)」の予約が必要です。詳しくは こちら をご覧ください。

<当日券販売について>(2020.9.29更新)
会場入口で当日券(時間指定付き・当日のみ有効)を販売しています。現金でのご購入が可能です。時間毎の入場制限は継続していますので、オンラインでの事前購入がおすすめです。
こちら で販売状況をご確認いただけます。

<ご購入済みのチケットの利用、払い戻しについて>
変更後の会期中(2020年8月12日~11月3日)に本展にご来場いただける場合は、旧会期が記載されたご購入済みのチケットまたは無料観覧券をご利用いただけます。ただし、本展へのご入場には、別途オンラインでの「日時指定券(無料)」の予約が必要となりますのでご注意ください。
また、ご希望者を対象に払い戻しを行います。チケットを購入されたプレイガイド・店頭等にてお手続きくださいますようお願い申し上げます。詳しくは こちら をご覧ください。
  • 中学生以下は入場無料
  • 障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料
  • 8月14日(金)~8月16日(日)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要) 新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、本展では高校生無料観覧日を実施しないことといたしました。
  • 前売券は2020年8月11日(火)まで販売。
  • チケットの詳しい情報は、展覧会ホームページのチケット情報をご覧ください。
  • 団体券は国立新美術館のみ販売(団体料金の適用は20名以上) 新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、本展では団体券の販売をしないことといたしました。
  • 会期中に当館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、またはサントリー美術館および森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は、本展覧会チケットを100円割引でご購入いただけます。
  • 国立美術館キャンパスメンバーズ加盟の大学等の学生・教職員は本展覧会を学生1,000円、教職員1,400円でご覧いただけます。
  • その他の割引などお得な情報はこちらをご覧ください。
  • 会場での観覧券購入に次のクレジットカードと電子マネー等がご利用いただけます。
    クレジットカード:UC、MasterCard、VISA、JCB、AMEX、Diners Club、DISCOVER
    電子マネー:Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)等、iD その他:J-Debit、銀聯
お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

展覧会の構成

イントロダクション
《1/1000巨大東京都市模型》

展示室内に入ると、1/1000 の縮尺で再現された、幅約 17 メートル、長さ約 22 メートルの巨大な東京の都市模型が現れます。そしてこの巨大な都市模型を囲みながら、東京を舞台とするマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品の展示が展開されます。現実の都市風景に、さまざまな物語の場面やキャラクターの記憶が重ねられて醸成される、〈東京〉 の複合的なリアリティを来場者が体感できる構造となっています。

1/1000巨大東京都市模型1 1/1000巨大東京都市模型2

模型制作:ニシムラ模型/マーブリングファインアーツ
©MANGA ⇔ TOKYO Japonismes 2018
*写真はパリ展のときのものです。

セクション1
破壊と復興の反復

日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品において、未曾有の天災や未知の生命体の襲来などによって首都・東京が壊滅的な打撃を受ける描写は、半ば定番ともなっています。その背景には、東京という都市が実際に幾度も破壊され、そのたびに奇跡的な復興を遂げてきたという歴史があると言えます。このセクションでは「破壊と復興」をテーマにした作品を取り上げます。

1/1000巨大東京都市模型1

ゴジラ(1954)
TM & © TOHO CO., LTD.

1/1000巨大東京都市模型1

大友克洋 AKIRA 
©MASH・ROOM/KODANSHA

1/1000巨大東京都市模型1

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 
©カラー

セクション2
東京の日常

都市的な破壊と復興という、非日常の合間には、市井の人々の日常生活が息吹きます。
このセクションでは、「プレ東京としての江戸」「近代化の幕開けからポストモダン都市まで」「世紀末から現在まで」と3つの区分に分け、日常生活を描写した作品群を通して、人々の生活の場としての東京の姿とその変遷を見てゆきます。

東京の日常

ルパン三世(PART2) 原作:モンキー・パンチ ©TMS

2A プレ東京としての江戸

竹光侍

松本大洋・永福一成 竹光侍 ©松本大洋・永福一成/小学館

百日紅

杉浦日向子 百日紅 ©杉浦日向子

2B 近代化の幕開けからポストモダン都市まで

シティーハンター

北条司 シティーハンター 
©北条司/コアミックス 1985

はいからさんが通る

大和和紀 はいからさんが通る ©大和和紀/講談社

寺島町奇譚

滝田ゆう 寺島町奇譚 ©滝田ゆう

2C 世紀末から現在まで

3月のライオン

羽海野チカ 3月のライオン ©羽海野チカ/白泉社

秒速5センチメートル

秒速5センチメートル ©Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

セクション3
キャラクターvs.都市

最後のセクションでは、これまでとは逆に、現実の都市空間に召喚されたキャラクターたちに目を転じます。
街に現れたキャラクターたちは、商品の販売促進やキャンペーンのPR のマスコット的な存在であり、また観光資源としても幅広く活用されています。
生身の人間とキャラクターが共存する街としての〈東京〉のアンビバレンツな魅力を、インスタレーションで再現します。

竹光侍

お台場の実物大ユニコーンガンダム立像
撮影協力:ダイバーシティ東京 プラザ
©創通・サンライズ

こちら葛飾区亀有公園前派出所

秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所
©秋本治・アトリエびーだま/集英社

作品一覧

作品リスト 日本語 [PDF]

List of Works English [PDF]

イントロダクション

 

アニメ

  • AKIRA
  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
  • 機動警察パトレイバー2 the Movie
  • 言の葉の庭
  • 3月のライオン
  • 残響のテロル
  • 秒速5センチメートル
  • ラブライブ!

ゲーム

  • ガンスリンガー ストラトス2
  • ガンスリンガー ストラトス3
  • グランツーリスモ6
  • グランツーリスモSPORT
  • STEINS; GATE
  • 電車でGO!FINAL
  • 東京23区制服Wars

特撮

  • ゴジラ(1954)
  • シン・ゴジラ

セクション1 破壊と復興の反復

 

マンガ

  • AKIRA 大友克洋
  • 陽だまりの樹 手塚治虫

アニメ

  • AKIRA
  • 新世紀エヴァンゲリオン
  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 序
  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 破
  • 人狼 JIN-ROH
  • 千年女優
  • 火要鎮

特撮

  • ゴジラ(1954年)
  • ゴジラ(1984年)
  • ゴジラVSキングギドラ
  • ゴジラVSデストロイア
  • ゴジラ2000 ミレニアム
  • ゴジラ×メガギラス G 消滅作戦
  • ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS
  • シン・ゴジラ
  • 帝都物語

セクション2 東京の日常

 

マンガ

  • 愛と炎 巴里夫(原作:廣澤榮)
  • あしたのジョー 高森朝雄・ちばてつや
  • 8-エイト- 上條淳士
  • X(エックス) CLAMP
  • カードキャプターさくら CLAMP
  • くーねるまるた 高尾じんぐ
  • げんしけん 木尾士目
  • 孤独のグルメ 久住昌之・谷口ジロー
  • さくらん 安野モヨコ
  • 佐武と市捕物控 石森章太郎
  • 百日紅 杉浦日向子
  • 3 月のライオン 羽海野チカ
  • 34 歳無職さん いけだたかし
  • 三丁目の夕日 西岸良平
  • シティーハンター 北条司
  • 新宿スワン 和久井健
  • ソラニン 浅野いにお
  • 竹光侍 松本大洋・永福一成
  • 寺島町奇譚 滝田ゆう
  • 東京エデン わたせせいぞう
  • To-y 上條淳士
  • とんかつDJ アゲ太郎 原案:イーピャオ 漫画:小山ゆうじろう
  • はいからさんが通る 大和和紀
  • 鼻紙写楽 一ノ関圭
  • 花のズボラ飯 原作:久住昌之 漫画:水沢悦子
  • 陽だまりの樹 手塚治虫
  • ひとり暮らしのOL を描きました 黒川
  • フイチン再見! 村上もとか
  • フーテン 永島慎二
  • 二つ枕 杉浦日向子
  • 『坊っちゃん』の時代 関川夏央・谷口ジロー
  • Love so Special 桜沢エリカ
  • ラブリー! 桜沢エリカ
  • リバーズ・エッジ 岡崎京子
  • るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚― 和月伸宏

アニメ

  • あしたのジョー
  • あしたのジョー2
  • 映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ ブリブリ3 分ポッキリ大進撃
  • おおかみこどもの雨と雪
  • カードキャプターさくら
  • 機動警察パトレイバー the Movie
  • 機動警察パトレイバー2 the Movie
  • 君の名は。
  • 劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17 歳~
  • 言の葉の庭
  • 百日紅 ~Miss HOKUSAI~
  • 3月のライオン
  • 残響のテロル
  • シティーハンター
  • 東京ゴッドファーザーズ
  • 時をかける少女
  • はいからさんが通る
  • 美少女戦士セーラームーン
  • 火要鎮
  • 秒速5センチメートル
  • 魔法使いサリー
  • 輪るピングドラム
  • ルパン三世(PART2)

ゲーム

  • がんばれゴエモン 2
  • サクラ大戦
  • JSRF ジェットセットラジオフューチャー
  • STEINS; GATE
  • すばらしきこのせかい -Final Remix-
  • セブンスドラゴン2020
  • 龍が如く 極2

特撮

  • モスラ(1961 年)
  • ゴジラVSキングギドラ

セクション3 キャラクター vs. 都市

 

マンガ

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 秋本治

アニメ

  • 「機動戦士ガンダム」シリーズ
  • 君の名は。
  • 新幹線変形ロボ シンカリオン
  • 「ラブライブ!」シリーズ

その他

  • 初音ミク

関連イベント

詳細が決まり次第ご案内いたします。

活動報告

  • 2019年度の活動報告 [PDF]