ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会

森英恵《ホステス・ガウン「菊のパジャマ・ドレス」》1966年
島根県立石見美術館蔵

展覧会概要

「日本のファッション」、あなたは何を思い浮かべますか?

1970年代以降、日本人が生み出した装いの文化は、その独自の展開から世界からも注目されてきました。本展は、そうした豊かな表現を生み出すきっかけとなった明治期以降の社会状況や流行といった現象を発端に、戦後から現在に至るまでの日本のファッションを包括的に紹介する展覧会です。衣服だけでなく、写真、雑誌、映像といった豊富な資料を通して、流行の発信者と衣服をまとう私たち、そしてその両者をつなぐメディア、それぞれの軸から各時代のファッションを社会現象とともに紐解いていきます。戦中戦後の国民服やもんぺの時代から、国際的に華々しい活躍を見せた日本人デザイナーの作品、日本の若者から発信されたKawaii文化まで、世界に誇る日本のファッション文化のすべてをご覧いただきます。

会 期 2020年6月3日(水)~8月24日(月)
会 場 国立新美術館 企画展示室1E
主 催 国立新美術館、島根県立石見美術館、読売新聞社、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
共 催 経済産業省
お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)