国立新美術館 国際展|ジャポニスム2018 公式企画
MANGA⇔TOKYO(会場:ラ・ヴィレット<フランス・パリ>)

※国立新美術館(東京・六本木)での開催ではありません。

イラストレーション:吉成曜

イラストレーション:吉成曜
©Crypton Future Media, INC. www.piapro.net / ©カラー / ©武内直子・PNP・東映アニメーション / ©秋本治・アトリエびーだま/集英社 / ©創通・サンライズ / ©TOHO CO., LTD.

イラストレーション:吉成曜 / グラフィックデザイン:草野剛

イラストレーション:吉成曜 / グラフィックデザイン:草野剛
©Crypton Future Media, INC. www.piapro.net / ©カラー / ©武内直子・PNP・東映アニメーション / ©秋本治・アトリエびーだま/集英社 / ©創通・サンライズ / ©TOHO CO., LTD.

秋葉原の街並み 撮影:後藤武浩

秋葉原の街並み 撮影:後藤武浩

池袋の”乙女ロード” 撮影協力:アニメイト 撮影:後藤武浩

池袋の”乙女ロード” 撮影協力:アニメイト 撮影:後藤武浩

お台場の実物大ユニコーンガンダム立像 撮影協力:ダイバーシティ東京 プラザ
©創通・サンライズ 撮影:後藤武浩

お台場の実物大ユニコーンガンダム立像 撮影協力:ダイバーシティ東京 プラザ ©創通・サンライズ 撮影:後藤武浩

MANGA⇔TOKYO

展覧会概要

日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品は、都市〈東京〉の特徴や変化を、鏡のように映しだしてきました。本展は、そのさまざまな描写を、多数の原画や模型、映像などでたどります。現実の都市の特徴がいかにフィクションに影響を与え、方向付けてきたのか。またそれらフィクションやそのキャラクターが、現実の都市にいかなるイメージを重層的に付与し、作用をおよぼしてきたのか。本展は、日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮の展示であると同時に、そこに映し出され、さらには人々の記憶の中で重ね合わされた、〈東京〉を展示します。「聖地巡礼」など、アニメやゲームが観光資源として注目される中、その意味や可能性に光を当てます。
本展は、2015年に国立新美術館で開催した「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」に続き第2弾となる展覧会であり、日仏友好160年を記念した日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」の公式企画として開催するものです。都市〈東京〉の複合的体験を提供する企画展示となる本展では、約90点のコンテンツの出品を予定しております。

出品作品

順次、展覧会ウェブサイトなどで公開いたします。

展覧会の構成

-巨大東京都市模型
-破壊と復興の反復
-東京の日常(江戸から現代まで)
-キャラクターvs.都市

会 期 2018年11月29日(木)~ 12月30日(日)
会 場 ラ・ヴィレット(フランス・パリ)
主 催 国際交流基金、国立新美術館、文化庁、マンガ・アニメ展示促進機構、ラ・ヴィレット
監 修 森川嘉一郎(明治大学国際日本学部准教授)
企 画 国立新美術館
協 力 日本航空
お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

ジャポニスム2018に関するお問い合わせ

独立行政法人国際交流基金ジャポニスム事務局 / ジャポニスム2018 PR事務局 株式会社サニーサイドアップ内
担当:浅野憲央(070-3190-3708)、川合遼星、松瀬恵子
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル
TEL:03-6894-3201  FAX:03-5413-3050  E-mail:japonismes2018@ssu.co.jp